「工事現場発」生物多様性プロジェクト 中日本ブロック

中日本ブロックTOP

四日市港霞ヶ浦北ふ頭地区道路(霞4号幹線)橋梁(P14~P16)下部工事

五洋建設株式会社

工事レポート

2016年 02月 24日

2016年2月の工事写真

2月の作業内容

・P15橋脚、P16橋脚

仮桟橋撤去

1月より行っていた仮桟橋撤去工が完了致しました。
また、仮桟橋の撤去完了に伴い、P15橋脚ならびにP16橋脚の施工が終了いたしました。

手前からP16橋脚、P15橋脚

手前からP16橋脚、P15橋脚

 

P14橋脚

梁コンクリート打設、型枠支保工、足場解体~鋼管切断~汚濁防止膜撤去

P15、P16と同様、梁コンクリートの打設を行い養生期間を経て所定のコンクリート強度に達したところで型枠支保工および足場解体を行い、その後、鋼管切断を行いました。
P14は仮桟橋上の作業スペースが狭く、一般道路に隣接していることもあり、鋼管切断に用いる80tクローラークレーンの重機配置の計画や操作は今まで以上にシビアでしたが、綿密な施工検討の結果、無事にスムーズに作業を行うことができました。

P14橋脚 梁コンクリート打設状況。1

P14橋脚 梁コンクリート打設状況①

P14橋脚 梁コンクリート打設状況。2

P14橋脚 梁コンクリート打設状況②

P14橋脚 足場支保工解体状況。1

P14橋脚 足場支保工解体状況①

P14橋脚 足場支保工解体状況。2

P14橋脚 足場支保工解体状況②

P14橋脚 鋼管矢板支保工撤去状況。

P14橋脚 鋼管矢板支保工撤去状況

P14橋脚 砕石敷設状況。

P14橋脚 砕石敷設状況

P14橋脚 鋼管矢板切断状況。1

P14橋脚 鋼管矢板切断状況①

P14橋脚 鋼管矢板切断状況。2

P14橋脚 鋼管矢板切断状況②

 

3月はいよいよ竣工検査です。
現場の本作業は終了しましたが、事後調査等終えてからの竣工になります。
引き続き無事故無災害、安全第一での竣工を目指します。