「工事現場発」生物多様性プロジェクト 西日本ブロック

西日本ブロックTOP

高知港海岸湾ロ地区堤防(改良)工事(その3)

五洋建設株式会社

工事レポート

2021年 07月 12日

2021年6月の工事写真

【新港区間】

◆ 6月は、残っていた本体コンクリートパラペット部を施工し、本体コンクリート(堤防本体)の施工が完成しました。3月時点ではぽっかり空いていた10mの隙間が埋まり、堤防としての機能向上が期待できます。

■本体コンクリート着工前

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■本体コンクリート施工完了全景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆ 斜路コンクリートは、2層目の施工に入り、半分程度完了した状況で、進捗率は約44%です。(21.07.09現在) 2層目は高さ3.4mと高所での作業になるため、作業用足場上を組立て施工を行いました。足場上で作業を行うことで、高所から身を乗り出して落下したり、材料や工具類を下に落とすリスクを小さくすることができます。
その後は型枠を組立て、コンクリートポンプ車を使用して打設を行います。少しずつですが、斜路の一部が見えてきました。
洗掘防止コンクリートは引き続き施工を行っている最中で、進捗率は約80%です。(21.07.09現在)

■斜路コンクリート作業用足場

 

 

 

 

 

 

 

 

■打設状況

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■斜路コンクリート起点部

 

 

 

 

 

 

 

 

■全景写真(西側から)(21.06.18)

 

 

 

 

 

 

■全景写真(東側から)(21.06.18)

 

 

 

 

 

 

 

【緑地区間】

◆ 1ヵ月と半月をかけて、旧堤防の取り壊し作業が完了しました。(21.07.09)
取壊し作業中は周辺に粉塵や飛沫が飛ばないよう、散水と防護ネット設置を実施しながら環境に配慮して作業を行いました。残すは堤防側の溝に入ったコンクリート殻の回収と取壊し面から突出している鉄筋処理となります。
施工開始前よりもきれいにする気持ちでしっかりと片付け作業を行いたいと思います。

■コンクリート取り壊し状況

 

 

 

 

 

 

 

 

■防護ネット設置

 

 

 

 

 

 

 

 

■コンクリート取り壊し完了

 

 

 

 

 

 

 

 

■緑地区間・新港区間 取合い部

 

 

 

 

 

 

 

 

■全景写真(西側から)(21.06.18)

 

 

 

 

 

 

■全景写真(東側から)(21.06.18)

 

 

 

 

 

 

 

暑い時期になってきました。熱中症にかからないようこまめな休憩、水分・塩分の補給を実施し、今後も気を引き締めて施工を実施していきます。