「工事現場発」生物多様性プロジェクト 西日本ブロック

西日本ブロックTOP

最終処分場施設整備工事

五洋・協和エクシオ特別共同企業体JOINT VENTURE

工事レポート

2021年 07月 16日

2021年6月の工事写真

6月度は、アスファルト舗装工事と建屋内外装仕上げ工事を行います。

 

アスファルト舗装工事では、始めに粒土調整砕石(ふるいにかけて粒の大きさを一定に揃えた砕石)を

敷均し・転圧を行い、舗装の下地となる路盤を整正します。

その後、所定量の乳剤(プライムコート)を均一に散布して養生します。

アスファルト舗装では、アスファルトフィニッシャを使用して、

合材を均一に敷均してからローラを使用して転圧を行います。

施工の際は、アスファルトの温度管理を適宜行い品質を確保します。

 

粒度調整砕石敷均

 

 

 

 

 

 

 

 

 

粒度調整砕石転圧

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乳剤散布

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アスファルト敷均し

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アスファルト転圧

 

 

 

 

 

 

 

 

 

温度確認

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建屋内装仕上げ工事では、始めに軽量鉄骨で各部屋の壁と天井の下地を組み立てます。

壁下地組み後に、一部をグラスウール(ガラス繊維の断熱材)で隙間なく充填します。

グラスウールを充填することで断熱・吸音等の効果があります。

次に、壁はせっこうボードを張っていき、専用のビスでしっかりと固定します。

天井は化粧せっこうボードや岩綿吸音板をビスやタッカーで固定します。

最後に、クロス(仕上げ材)をシワやヨレができないように丁寧に張ります。

 

下地組立

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グラスウール充填

 

 

 

 

 

 

 

 

 

壁ボード張り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天井ボード張り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クロス張り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5月現場状況

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月現場状況

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月度は、付帯設備工事と既存処理棟リニューアル工事を行います。